この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

思いとおりに行かないジレンマ

会社や職場の同僚から求められること

育児をすることの大変さは、子供を持ったことのある人にしか分かりませんよね。
育児中に時短勤務をしていたりすると、「早く帰れていいよねー」というような変なやっかみを受けたりする事もしばしばあると思います。
育児をしている者から見れば、ただ会社で座って働いている方がよっぽど楽なのに・・、むしろ帰宅した後の方が地獄の育児で大変なのに・・と思ってしまいますが、経験したことのない人には理解してもらえず、複雑な思いを抱える事もしばしばあるかと思います。
帰宅してから家の中では、奔放に動き回る子供を相手にして、自分は何より忍耐力と寛容さを必要とされ、とにかく、できなくても心が折れないように、キレてしまいそうな自分を抑えて家事と育児に取り組まなくてはいけません。
その一方で、会社においては時間に遅れない仕事にミスをしない完璧さを求められので、精神的に参ってしまいます。

働き方を見直して見る

会社勤めをしている方はすぐには難しいかもしれませんが、育児期間中だけでも無理のないスケジュールで働くことができたら最高ですよね。
その点から考えると、在宅でできる仕事やクリエイティブな仕事は、会社での仕事に比べると時間に融通を利かせてもらうことが比較的可能な場合が多く、時間に合わせて動かなくてはならないというプレッシャーからは解放されるのではないでしょうか?
最近は、会社に行くことが難しい育児中や介護中の方に向けた在宅でのお仕事も増えてきていますね。
スキルがあればそれに比例して高収入のお仕事を見つける事も可能です。
例えば、在宅ワークの定番であるプログラミング的なお仕事や、ライター、ウェブデザインのお仕事などクリエイティブな仕事は出来高性である場合が多く、決まった時間に何かをするという時間の制約には縛られることが少なくなります。