この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

在宅ワークについて考える

在宅ワークの魅力

在宅で仕事をすると、会社に勤めることと比べて色々な煩わしさから解放されるイメージがありませんか?
まず、毎朝、混雑している通勤電車に乗ってもみくちゃにされながら通勤する必要がなくなるという事です。
これは、都市部にお住いの方にしか分からない苦労かもしれませんが、ぎゅうぎゅうの電車に乗らなくてはならないストレスは、計り知れないものがあります。
在宅で仕事をするにおいては、まず、この朝の通勤ラッシュを経験せずに済みますね。
また、時間の制約が比較的ゆるくなるため、介護や育児で時間が不規則になってしまう方は在宅での仕事ができるととてもありがたいですよね。
そして、人付き合いが苦手だという方にとっても、在宅ワークは煩わしい人間関係から解放させるという点で非常に魅力があります。

在宅ワークの大変さ

在宅ワークは時間の制約がないという点で非常に気持ちにゆとりを持って自由な働き方ができるイメージがありますね。
しかし、何でも自由というわけではありません。
依頼された仕事には締め切りというものがあり、締め切りを守れない人は信頼を失ってしまい、仕事の依頼がなくなってしまいます。
締め切りを守るには、昼間に別の事で時間を取られてしまったら、夜間に仕事をしなくてはなりません。
時間に制約がない分、自分の時間と仕事の時間の区別もつけづらくなってしまいます。
時には誰かと話したいと思う事もあるでしょうし、全ての仕事を自分で完結させるという事は時として非常に精神的にきつく感じる事もあるかと思います。
その点、クリエイターとして事務所に勤務する形をとると、ある程度昼間のまとまった時間に働くことができてかつ、時間にも縛られる辛さを軽減することができ、長く続けていけるかもしれません。